◇こいぬい日記◇

✴︎妊娠・出産に対して日々の小さな不安や悩み、取り入れて良かったことなどを皆さんと共有できますように…✴︎

◇ WPW症候群 + 妊婦 のお話し ◇

皆さん、WPW症候群という病気はご存知でしょうか?

今日は、WPW症候群持ちの妊婦についてお話ししていきます。

 

 

WPW症候群とは?

初めて聞いた!という方も多いと思います。

そもそも、WPW症候群とは、

ウォルフさん、パーキンソンさん、ホワイトさんという3人のお医者さんが症例を報告したことからそれぞれの頭文字を取って付けられた名前なんです。

WPW(ウォルフ・パーキンソン・ホワイト)症候群とは、不整脈のなかでも「上室性頻脈性不整脈」に分類される病気です。「上室性頻脈性不整脈」とは、心臓のなかでも心室の上の心房で起こり、脈が速くなる(頻脈)不整脈のことを指しています。

なんのこっちゃ‼️という感じですよね。

簡単に症状を説明すると、

心臓の中で、正常な電気が流れる線と他にも電気が流れやすい副伝導路があるため、電気の旋回が起こり頻脈性不整脈が起こる病気です。

発作(脈がむちゃくちゃ速くなる)が急に起こるので動悸(立ってられないぐらい)、気分が悪くなったり、めまい・ふらつきなどが突然現れます。とんでもなく急にぐったりします。

これが何の前触れもなく突然起こるので当の本人もビックリなんですよね😅

f:id:coinui0607:20190130145517p:image

心電図を取れば、発作が起きていない元気な時でも、波形に特徴があるのですぐにWPW持ちだと医師は気付くぐらい、わかりやすい病気です。

WPWの人は持ち帰りの24時間ホルター心電図もやったことがあるのではないでしょうか。これは、その名の通り、24時間心電図を取るものなんです。

病院で付けて帰り、そのまま24時間日常生活(お風呂はNG)を送り、いつ発作が起きているかを調べるというもの。そしてまた病院に返しに行き、解析してもらう感じになります。

私は、この病気とは生まれてすぐぐらいからの付き合いらしいです。

生後1ヶ月ぐらいの頃にいきなりハァハァと言い出し、そのまま救急車で病院へ。

そこでWPW症候群と診断され、そこからは1年に1回総合病院や大学病院で半日かけていろんな検査を受けることになりました。

  • 心電図を付けながら階段みたいな跳び箱みたいな段差を上り下り
  • 心電図を付けながらランニングマシーンみたいな機械で歩く〜走る〜歩くを繰り返す
  • 心臓のエコー …などなど

しかし、20歳まででWPWの発作が出たのは5回もありません。

社会人になり検査は行かなくなりましたが、既往歴を書く時や健康診断の時は自己申告しています。

 

数年前に双子ちゃんを妊娠した際も、WPW持ちだという事は真っ先に伝えました。

ただの双子ちゃんなら、近所の総合病院で出産出来るけど、プラスWPWだと万が一があっては駄目だからと、さらに上の高度医療センターで妊婦検診+出産というかなり大掛かりなものになりました。

(残念ながら、10週で稽留流産になってしまいましたが・・・)

 

WPWの万が一とは?

妊娠中は血液量が増え、発作(頻脈不整脈)が起きる可能性が出てくるのです。

妊娠中なので、発作が起きても薬は避けたいし、発作によって血圧が維持できなくなると緊急で治療が必要になってきます。臨月が近づくにつれ、他の人(健康体の人)よりも心臓に負荷がかかります。急遽、帝王切開ということも十分ありえます。

(この時は、双子ちゃんだったので、どっちにしても帝王切開だったのですが)

通常妊娠でも、状況によっては帝王切開にもなり得るということです。

WPWの治療法

WPW症候群は副伝導路を焼いてしまうカテーテル治療で根治します。

妊娠中は勿論、手術できません('_')

妊娠を望んでいて、症状はなくても健康診断などでWPW症候群と診断された人は、

一度、町の循環器内科で診てもらってはいかかでしょうか?その日は心電図を取って、必要であれば24時間ホルター心電図をつけて帰る流れになるかも知れません。その後、治療方針によっては大きい病院を紹介されることもあると思います。

(24時間ホルターはそんなにたくさん置いていないので、予約になるかも知れません、一度問い合わせてみてくださいね)

24時間ホルターを付ける際はお風呂に入れないので、夏よりも冬の方がオススメ。

シールみたいな物で固定するのでかぶれやすい人は看護師さんにその旨を伝えましょう。

 

そもそも循環器内科と聞いてもピンとこない方も多いかと思います。

循環器内科は、心臓のエキスパート、不整脈や動悸、血圧などを診てくれる科です。

WPWの症状がなくても、妊娠という一大事は何が起きてもおかしくありません。解消できる不安は解消した方が絶対良いです!

 

今回の妊娠発覚時も、先生にWPW持ちという事は勿論伝えています。

今回は、セミオープンシステムなので、どっちにしても次の妊婦検診が終わったら、分娩予約も含め、総合病院を一度受診するように言われています。そこで、今後もセミオープンシステムで通えるか、出産まで総合病院に通うか決まるようです。

(お願いだから、近所の産婦人科に通わせてくれ~!)

セミオープンシステムについては、過去にアップしておりますので、宜しければそちらもご覧くださませ♡

www.coinui-blog.com

 

次回は、◇妊婦検診11週~総合病院受診◇を書きたいと思います。

ランキングに参加しています。ポチっと押して頂ければ嬉しいです♡

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村