◇こいぬい日記◇

✴︎妊娠・出産に対して日々の小さな不安や悩み、取り入れて良かったことなどを皆さんと共有できますように…✴︎

【急性腎不全】アメリカンカール 4歳 オスの黒猫ちゃん

スポンサーリンク

猫の急性腎不全についてご存知でしょうか?今回は、急性腎不全により平成最後の4/30から嘔吐が始まり令和初日の5/1に入院、その後5/4に虹の橋へ旅立った、私が飼っているアメリカンカールの黒猫ちゃんについてお話しします。私自身、鮮明に記憶しておきたいので書き残す部分もあり、猫が死んじゃう話や猫が苦手な人はスルーしてくださいね。 

 

 

f:id:coinui0607:20190514174728j:image

黒猫ちゃんのプロフィール

2015,2,5生まれ 4歳オス

アメリカンカール 黒猫

名前 クロ 

お母さん、お父さん、妹の4匹で仲良くぐーたら過ごしています。完全室内飼いで年に1回の定期検診・2年に1回5種のワクチン接種。今までとくに大きな病気はなし、いや、一度も病気・風邪・怪我をしていない健康的な猫。

f:id:coinui0607:20190515095038j:image

黒猫ちゃんが急性腎不全で虹の橋へ旅立つまで

黒猫ちゃんのクロが、わずか4歳で急性腎不全になり、虹の橋へ旅立つまでの記録をまとめています。急性腎不全について知りたい人のお役に立てれば幸いです。

平成最後の日 4/30 急性腎不全による嘔吐が始まる

平成最後の4/30嘔吐しだすも、まだこの時は急性腎不全だなんて微塵も思っていませんでした。10連休は、臨月前ということもあり、体もしんどいので遠出はせず、家で猫ズと共にのんびり、ぐーたら。

4/30夕方になり、クロが嘔吐をし、嘔吐物を見ると毛玉が。毛玉出てスッキリしたね〜  なんて話しかけていました。嘔吐後は、水をゴクゴク、餌もモリモリ食べるクロ。そして夜になり、また嘔吐。嘔吐物は餌と胃液。

クロ、腸炎かな〜?明日病院行ってみよっか〜!  と、風邪を疑う。

令和初日5/1 入院 急性腎不全と診断

令和初日の5/1 AM連休中もあいている病院が近所にあるので、腸炎の疑いで診察をしてもらうも、採血結果でまさかの原因不明の急性腎不全と診断。5/1の朝方にも胃液のみの嘔吐があり、明らかに元気がないクロ。

採血をするとBUN(尿素窒素)とクレアチニンが異常数値。エコーを取ると腎臓がかなり炎症を起こしている状態。このまま帰るといつ死んでもおかしくないレベル、というかこの数値で意識もはっきりあり普通に過ごしていることが凄い と言われそのまま入院することに。若いから点滴して数値が下がれば大丈夫だけど、万が一のことも考えておいて下さい と言われ緊急連絡を記入。

えっ?4歳で急性腎不全?えっ?万が一って何?とパニックになり、怖くなり涙が出ました。一旦私たちは帰宅し、クロが寝る時に使っていたクッションを午後診で持っていきました。ニャ〜!と鳴く声は、帰りたいよ〜しんどいよ〜 と泣いているようで、面会室でまた泣いてしまいました。

5/2看取り退院 

翌5/2夕方、もう危ないので自宅で看取ってくださいという意味での退院。午前診と午後診の間に病院から電話があり、おしっこが出ておらず、数値も下がっていないとのこと。おしっこが出てないというか、エコーで膀胱を見るとおしっこが全く作られていないと。我が家にはこの子を含め4匹のニャンズがいるのですが、そういえばクロはいつおしっこしたんだろう?と不安になりました。

夕方、病院へ迎えに行くと、フラフラのクロが鳴きながら自分でキャリーに入ってきました。帰りたかったんだね、ってまた泣いてしまい、先生が話していることはほぼ旦那さんが聞くことに。

先生が最後に、明日になってもしまだ頑張っていれば朝一連れてきて下さい  と。それって、今晩がヤマということですよね、と思いながら帰宅。

クロはおしっこが出てないせいで体が浮腫んでブヨブヨに。それでもクロは自力で動いて水を飲みます。

何回かトイレにクロを連れていきますが、出ないようですぐに飛び出してしまいます。

5/3 点滴通院

5/3夜中も旦那さんと交互にクロの様子を見ては話しかけ、無事朝を迎えることが出来たので、朝一に再び点滴をしに通院。クロは病院にいた時より元気に見えるけど、それでもおしっこは出ていません。

病院では、半日、点滴など処置をしてもらい、おしっこが出れば、そのまま入院、出なければ午後診で迎えに来るよう言われました。

その後、病院からは何も連絡がなく、午後診の時間になったので病院へ行くと、やはりおしっこは出てない、作られていないとのこと。

でも、家に帰ったらおしっこが出る子もいるから!と励まされ、また明日も頑張っていれば朝一連れてきて下さいと昨日と同じやりとり。

帰宅すると、クロはもう自力で動けないぐらい弱っており、体も重たくフラフラで意識朦朧。お水を口元に持っていくと美味しそうに飲みます。ちゅーるも指につけてあげると5ペロぐらい舐めてくれます。

でももう、口で息をしてるし、目も虚ろ。こんなクロを見るのは初めてで、まだクロは頑張っているのに涙が止まりません。

5/4 虹の橋へ旅立ち

クロを撫で撫でしながら、5/4を迎えることが出来ましたが、病院へ向かう車の中でフワっと虹の橋へ旅立ちました。

夜中頃から、クロの口臭が凄いことになり、毒素が回っているんだなぁ…クロしんどいよね、と泣きながら撫でていると、凄い勢いで水を飲み始めました。朝になり、ハァハァしんどそうだけど、結構お水飲んだしおしっこが出来ているかも知れない!と奇跡を信じてキャリーにクロを入れ、タクシーで病院へ。移動時間5分程でしたが、その間にクロは旅立ってしまいました。

私が、病院へ連れて行かなければ、まだもう少し生きてくれてたのかな、と後悔ばかりが残ります。

 

猫の急性腎不全の原因は?

猫の急性腎不全の原因は、急性糸球体腎炎やネフローゼ症候群のほか、薬物、毒物、閉塞などが挙げられます。ブドウ、ユリ科植(玉ねぎなど)や保冷剤の中身は猫にとって毒物になるので絶対に口にさせないよう注意しましょう。血流が悪くなって発症した「腎前性急性腎不全」や膀胱は機能しているけど、排尿する経路が閉塞してしまう「腎後性急性腎不全」も挙げられます。おしっこが48時間出なくなるとかなり危険な状態で、ここから尿毒症になり亡くなります。クロは確実に4日間もおしっこをしていなかった… 辛かっただろうなぁ。

猫の急性腎不全を予防するには観察・健康診断を定期的に行う

猫の急性腎不全を予防するには、日々猫の様子を観察・健康診断を定期的に行うしかないと思いました。ウチみたいに多頭飼いの家庭は、ニャンズがいつおしっこをしたのか、量や色・臭いに異常はないか、餌・水分はちゃんと摂っているか… などなど把握しておくことが必要です。

定期検診は少なくとも年に1回は受けましょう。ウチの場合は、5月がワクチンと健康診断月だったので、10連休が明けたら1匹ずつ連れて行こうと思っていた矢先の出来事だったので、クロには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

私たち素人が、あれ?様子がおかしいな〜 と思ったときには、すでに腎臓の75%が破壊されている状態で命の危険があります。また、一度破壊された腎臓の機能は治らず、残りの機能をいかに温存させるかという治療になるそうです。クロの場合は、おしっこを作ることさえ出来なかったので、もうほぼ100%腎臓が機能していなかったのではないでしょうか。

 

・急性腎不全の予防に役立つ猫トイレ①:シャープ猫用システムトイレ型 ペットケアモニター<HN-PC001>

急性腎不全の予防に役立つ猫トイレとして、シャープの猫用システムトイレ型 ペットケアモニター<HN-PC001>がおすすめ。

pethealthcare.sharp.co.jp

クロがぐったりしている間に急性腎不全についてたくさん調べ、おしっこの量や回数、体重をアプリで管理できるというシャープのシステムトイレを知りました。1台で3匹まで管理できるようですが、ウチは4匹なので無理じゃん!と思い断念しました。

ただ機能的にはとても良さそう。ウンチさんも一緒に管理できたり、シャープなのでプラズマクラスターも搭載してくれたらさらに2万円ほど高くても絶対買います。

・急性腎不全の予防に役立つ猫トイレ②:ニャンとも清潔トイレ

急性腎不全の予防に役立つ猫トイレとして、花王から出ているニャンとも清潔トイレもおすすめ。 今までは屋根付きの紙砂トイレを使用していましたが、クロがまたぎやすいように、またおしっこの採尿がしやすいように、と思いクロが点滴中にホームセンターへ急いで買いに行きました。子猫の頃に使ったことがあったので、大丈夫だろうと迷いもなく購入。普段はシートを使いますが、シートを外せばトレイにおしっこが落ちるので採尿しやすい点が◎

結局、クロはおしっこを作ることができなかったので一度も使用することはなく、今は猫3ズが使っています。

まとめ 黒猫ちゃんが4歳で虹の橋へ旅立ったことで学んだこと

4歳で虹の橋へ旅立った黒猫ちゃん、私にたくさんの愛情を注いでくれたのと同時に、急性腎不全の恐ろしさを学ばせてくれました。

私のことを母親と思っているのかエアーニャーをよくする甘えん坊なクロ。私が妊婦だから旦那さんがいる10連休中に全てを終わらせる賢いクロ。嘔吐から5日も耐えた侍みたいなクロ。最期は旅立つ瞬間を見せない誰よりも男前なクロ。クロはウチで育てられて幸せだったのかわからないけれど、私はクロがいてくれて本当に幸せでした。ありがとう。

まだクロがいなくなったことを受け入れられなくて泣いてばかりですが、少しでも多くの飼い主さんに、急性腎不全の怖さを知ってほしくて、役立ててほしくて書きました。

↓ランキングに参加しています★ポチっと押して頂ければ嬉しいです!

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村